IT

5G出そろい、サービス不十分 上乗せ額割引など普及は未知数

 携帯電話大手3社の第5世代(5G)移動通信システムの料金プランが出そろった。各社とも既存の4Gの大容量プランに500~1000円上乗せするにとどめた。通信エリアが狭く、5Gを生かした魅力的なサービスも十分でないため、価格設定で強気になれない面があるからだ。消費者が飛びつくようなサービスを作り出せるかが、国内でのシェア争いを左右しそうだ。

 「4G(の普及)にはスマートフォンの登場という武器があった。5Gでスマホの形が変わるわけではない。サービスの工夫が必要だ」

 KDDI(au)の高橋誠社長は23日の5Gの商用サービス開始の発表会でこう強調し、5G普及の初速は過去の4Gよりも緩やかになる見通しを示した。

 そのため、KDDIとソフトバンクは5Gの利用で上乗せする月額1000円を約2年間割り引くキャンペーンを実施する。動画配信やゲーム、スポーツ観戦やアイドルのライブ鑑賞などの専用サービスを用意するが、5Gの普及を後押しできるかは未知数だ。こうしたサービスを使うには利用料が別途必要で、消費者の心理的ハードルは高い。

 一方、各社の料金プランからは5G黎明期の戦略が読みとれる。NTTドコモは今回、データ通信量の上限をなくした。スマホを使って、他の機器をインターネットに接続するテザリングも無制限とし、タブレット端末やメガネ型機器のウエアラブル端末など周辺機器を一緒に活用する新サービスの開拓を目指す。

 KDDIは、米動画配信大手のネットフリックスなどと連携したプランをそろえ、スマホでの動画視聴を全面に押し出す。

 既存の4Gプランに基本利用料を追加する形をとるソフトバンクは、プロ野球やプロバスケットボールなど、コンテンツを充実させながら、動向を見極める構えだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus