メーカー

東京ガス、五輪スポンサーの継続に明言避ける

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会延期決定を受けて、国内スポンサーのひとつ「オフィシャルパートナー」を務める東京ガスの内田高史社長は25日、「残念だが、今の状況を考えると当然の措置。中止でなく延期になったのはありがたい」との考えを示した。同社の中期経営計画の発表の場で、記者の質問に答える形で述べた。

 今後のスポンサー契約については、「継続したいが、負担がどれほど増えるかどうかも分からない。やるともやらないとも申し上げられない」と話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus