サービス

3、4月宿泊予約、最大9割減 減少幅は大幅悪化

 赤羽一嘉国土交通相は24日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、宿泊業の3、4月の予約が前年同期比30~90%減の見込みだと明らかにした。減少幅は2月の10~50%減から大幅に悪化した。中小旅行業の3月の予約人員は前年同月比74%減、4月は68%減の見通し。赤羽氏は「反転攻勢に向けた効果的な施策が講じられるよう、万全を期す」と述べた。

 航空業では、3月の旅客数は前年同月比で国際線60%減、国内線45%減、4月が国際線46%減、国内線45%減の見込み。赤羽氏は、航空業界の2~4月の減収見込み額が、「2008年のリーマン・ショックによる年間減収額に達する水準」と述べた。

 貸し切りバスは、3月の旅客運輸収入が前年同月比79%減、4月が64%減の見通し。

 国交省が17日までに旅行業者などを対象にアンケートや聞き取り調査した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus