話題・その他

丸紅 業績下方修正し最終赤字へ 新型コロナの影響で

 丸紅は25日、令和2年3月期連結決算予想を下方修正すると発表した。前回予想では最終損益は2千億円の黒字と見込んでいたが、一転して1900億円の赤字に転落するとしている。新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の停滞や、原油価格の急落などを受け、各事業の資産価値を見直した結果、減損損失を計上したことが影響した。

 今回、米国メキシコ湾と英北海の石油・ガス開発事業で1450億円、米国での穀物事業で1千億円など、一過性損失が合計で3700億円発生。これに市況悪化による損益悪化200億円が加わり、計3900億円の最終損益押し下げ効果が生じた。

 一方で、配当は年間1株あたり35円の予定を維持する方針だ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus