メーカー

JXTGが統合後初の赤字へ 通期業績予想を修正、原油価格下落で

 JXTGホールディングスは26日、原油価格の下落を受けて、令和2年3月期連結業績予想を大幅に下方修正した。営業損益は従来の2800億円の黒字から2100億円の赤字に引き下げた。前期の5370億円の黒字から一転して赤字に転落する。営業赤字はJXエネルギーと東燃ゼネラル石油が統合して、平成29年4月にJXTGとして発足して以降、初めて。

 原油価格の下落で、備蓄する在庫の評価損が膨らんだ。新型コロナウイルス感染症拡大で、航空、船舶向けの燃料の需要が落ちたことも影響した。

 最終損益は3000億円の赤字(従来予想は1550億円の黒字)、売上高は10兆500億円(同10兆4000億円)となる見通し。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus