現場の風

ポーラ 太陽光拒まず常識覆す日焼け止め

 ポーラ B・Aブランドマネジメントチーム ブランドマネージャー 高橋佐和子さんに聞く

 --3月2日に最高級化粧品ブランド「B.A(ビーエー)」から発売した日焼け止めクリーム「B.A ライト セレクター」が話題だ

 「これまでの常識を覆す日焼け止めだ。美容業界では太陽光は老化をもたらす悪者というのが一般常識だった。これに対し、新商品は太陽光をたくさん浴びてもシワやシミを防ぐほか、むしろ肌にハリが生まれ、エイジングケア(抗加齢)効果が得られる」

 --太陽光は肌に悪くないのか

 「確かに(波長の短い)紫外線と(波長の長い)近赤外線は肌を老化させる。ただ今回は、それらを業界トップレベルでカットしつつ、近赤外線の隣にある赤色光という波長だけ取り込むようにした。赤色光は、美顔器などに使われていて肌に良い。そのこと自体は分かっていたものの、それを活用したスキンケア製品はなかった。研究を重ねる中で、太陽光を避けるだけでは人間らしさを奪うことにもなるとの思いが募っていた」

 --どうやって赤色光だけを取り込むのか

 「秘密は配合している粉体にある。より詳しく言えば、粉体の大きさでカットできる光の波長が違ってくる。普通は近赤外線をカットしようとすると、(隣の)赤色光までカットされてしまう。しかし今回は、赤色光だけを取り込めるよう、粉体に特殊コーティングを施し、波長の選択性を上げた」

 --販売は好調だ

 「最初の3日間で2万個が売れた。初動としてはかなり良い数字だ。これから春本番、そして夏場と日焼け止めが売れる時期に入るので、さらに話題になるとうれしい。前身となる商品も発売以降、尻上がりに販売量が増えていたので大いに期待したい」

【プロフィル】高橋佐和子

 たかはし・さわこ 明治学院大社会学部卒。1995年ポーラ化粧品本舗(現ポーラ)入社。販売教育担当や商品企画担当、エリアマネージャーなどを経て2017年4月から現職。神奈川県出身。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus