メーカー

ソニー、医療・エンタメ支援の基金設立 最大規模1億ドル寄付

 ソニーは2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内外の医療従事者や、音楽や映画といったエンターテインメント関係者らを支援する基金を設立したと発表した。総額1億ドル(約108億円)を寄付する。ソニーが実施した寄付では東日本大震災の72億円を上回り、最大規模となる。

 支援の第1弾として、1000万ドル(約11億円)を世界保健機関(WHO)や国境なき医師団(MSF)、国連児童基金(ユニセフ)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に寄付する。

 エンタメ分野では、コンサートの中止や映画の制作中断などの影響を受けている制作者やアーティストのために使う。教育関係の援助も行う方針で、オンライン形式の授業が受けられるよう学校に技術を提供するなど教育関係者と協議する。

 各国のグループ社員による募金に同額を基金から上乗せして寄付する「社員マッチングギフト」も実施する予定だ。

 吉田憲一郎社長は「グローバルに事業を展開している当社として、大きな影響を受けている方々への一層の支援を実施していく」とコメントした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus