メーカー

お手頃価格で8K需要発掘 シャープ、60・70型新製品

 シャープは6日、超高精細な「8K」放送の受信機を内蔵した液晶テレビ「アクオス 8K」の新製品を25日に発売すると発表した。最高級モデルとしては1年5カ月ぶりの市場投入となる。従来品よりも大幅に価格が抑えられる見込みで、現状では普及が伸び悩む8Kテレビの販売拡大につなげたい考えだ。

 新製品は60型と70型の2機種。オープン価格だが、それぞれ税抜きで45万円前後と60万円前後と想定。部品を減らすなど設計を改良することでコストダウンを実現し、2018年11月に発売したモデルより30万~40万円程度安くなるとみられる。新開発した8K解像度の液晶パネルを搭載し、再現できる色の幅がさらに広がったのも特長だ。

 シャープは電機メーカーの中で先陣を切る形で8Kテレビを投入するなど、8K関連の事業に力を入れている。ただ、製品が高額なことに加え、視聴できるコンテンツの数も限られているため普及が進んでいない。買い替え需要が期待されていた東京五輪・パラリンピックも延期となり、新製品の投入で新たな需要を掘り起こしたい考えだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus