メーカー

東京日産販売HDは時短営業

 新型コロナウイルス感染拡大による政府の緊急事態宣言を受け、東京都内を中心に自動車販売店を展開する日産東京販売ホールディングス(HD)は7日、全118店で閉店時間を繰り上げ、営業時間を短縮することを決めた。だが整備や車検などの業務もあるため、営業自体は継続する。

 通常は午前10時~午後6時半の営業だが、閉店を同5時に早める。同HDは「緊急事態宣言となっても車は走っている。安全・安心に乗っていただくための社会的責任として、感染防止策を徹底した上で営業を続ける」としている。

 ただ、他の販売・整備関係者は「車検業務は期限が決まっているので営業調整が難しい」(都内の自動車販売店)と対応に苦慮する声もある。

 国土交通省は車検証について現在、全国一律で、3月31日までの有効期間を4月30日まで最長1カ月間延長している。同省は「再延長は検討している」としつつ、今回は対象を緊急事態宣言の具体的な対象区域に絞る方針で、整備工場を持つ関係者からは「東日本大震災時のように数カ月単位で延長してくれないと、予約も集中するなかでどこまで態勢縮小が可能か分からない」との声が出ている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus