メーカー

トヨタ、防護具を国内生産 グループでコロナ医療現場支援策

 トヨタ自動車は7日、新型コロナウイルス感染症に対し、グループ各社と連携した医療現場支援策を発表した。顔全体を保護する「医療用フェースシールド」の国内生産をはじめ、防護服など医療用品の調達・物流支援なども含めて幅広い支援策を実施する。

 支援策は、検討中を含めて7項目。医療用フェースシールドの生産は、社内向けの機械設備を製造する貞宝工場(愛知県豊田市)の3Dプリンターなどを活用。まず週500~600個のペースで早期の生産開始を目指す。フェースシールドは、感染者治療にあたる医師らの2次感染を防ぐ防護具で、トヨタは欧米、アジアの工場で既に生産に着手していた。

 国内で不足が懸念される人工呼吸器の増産を行う医療機器メーカーも支援する。

 具体的には、車両生産工程などの効率化ノウハウを持つ人材で支援チームを結成、派遣する。

 また、医療用のマスクや防護服などの調達・供給支援に自動車部品の物流網を活用。東京都などで予想される軽症者の待機施設などへの移送支援として、運転手への感染を防止できる車内設備の検討も始める。

 このほかグループ企業の取り組みとして、簡易ベッドなど医療機関向け備品の生産をアイシン精機(愛知県刈谷市)が、国内工場の従業員向けマスク生産をデンソー(同)がそれぞれ行い、供給を支える。

 デンソーは、治療薬開発などの研究支援目的で海外企業が行う量子コンピューターサービス提供プロジェクトにも参画する。

 トヨタは感染拡大で各国工場が停止、日本でも世界的需要減から一部工場の稼働を休止しており、今回の発表で「雇用を守りながら自らの体質改善を図り、日本の基幹産業である自動車産業が復興の先頭に立つ」と強調した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus