IT

アリババ創業者 SBG取締役退任

 ソフトバンクグループ(SBG)は18日、中国の電子商取引(EC)最大手アリババグループの創業者、馬雲氏が取締役を退任すると発表した。本人の意向という。SBGの孫正義会長兼社長とも親交が深く、2007年6月から取締役を務めていた。退任は定時株主総会を開く6月25日付。

 馬氏は1999年にアリババを創業し、インターネット通販を広めて中国の消費スタイルを激変させた人物。電子決済サービスもいち早く取り入れ、中国をキャッシュレス決済社会に導いた。昨年9月にアリババの会長を退任していた。

 SBGは創業間もない頃からアリババに出資する大株主。保有株式の価値の大部分をアリババが占め、収益の柱となっている。一方、SBGは米共有オフィス運営大手のウィーカンパニーへの投資損失などで巨額赤字に陥っている。SBGでは、後藤芳光最高財務責任者(CFO)らが新たに取締役に就任する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus