ケータイWatch

ソフトバンク、携帯全3000店でAI検温

 ソフトバンクは、全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップ約3000店にAI(人工知能)を活用した検温ソリューションを導入する。新型コロナウイルス感染症対策の一環。5~7月にかけて順次導入していく。

 AI検温ソリューションは、ソフトバンク子会社の日本コンピュータビジョンが開発、提供する「SenseThunder(センス・サンダー)」。国内では農林水産省や総務省で導入されたほか、ソフトバンク本社では3月から試験導入されていた。

 ソフトバンクショップのうち、銀座、表参道、六本木の3店舗は先行導入済み。赤外線カメラとAIによる顔認識を用いて、マスクや眼鏡をかけたままでも、来店客の体温を0.5秒で測定する。ソリューションでは顔認証による入退館処理も対応できるが、ショップでは検温のみとなる。

 これまでも非接触型の体温計による検温は実施されてきたが、AI検温ソリューションで自動化かつスピーディーに対応できるようになる。(インプレスウオッチ)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus