クラウドWatch

ローカル5Gなど常に高品質を維持 NEC、専門家不要の分析技術開発

 NECは、第5世代(5G)移動通信システムの電波を地域限定で企業や自治体に割り当てる「ローカル5G」などの自営無線網において、ネットワークの専門家がいなくても、混雑や競合による品質劣化を回避して、常時、高品質で利用できるようにする学習型通信分析技術を開発したと発表した。

 高速・大容量、低遅延などローカル5Gの効果をシステム全体で常に発揮するためには、単に機器を設置するだけでなく、5G基地局から接続先のサーバーまでの通信混雑や競合を回避する運用が必要になる。

 通信キャリアが運用する公衆無線網では、通信品質劣化が発生する都度、ネットワークの専門家が数日を費やして、通信状態の分析と分析に基づく各通信の優先度や速度の調整を行うことで、混雑や競合を回避する運用が行われている。一方、専門家がいない自営無線網ではこうした分析・運用が課題となることから、専門家の分析ノウハウをAI(人工知能)で学習することで人手を介さずリアルタイムに提供する技術を開発した。

 開発した技術は、現在流れている通信トラフィックの特徴から、動画や静止画、テキストデータといった通信種別とそれぞれの時間当たりの通信量を、高精度かつリアルタイムに推定する。人手を介さず学習することで、利用状況の変化に自動で追従する。

 従来、通信トラフィックの変動は分析に時間がかかり、その精度も低いという課題があった。開発した手法では、現在の通信トラフィックから最初に無線通信の状態を識別。次にアプリケーション種別を識別する階層的なクラスタリング手法により、リアルタイムに高精度な推定を実現した。

 NECは、開発した技術をローカル5Gだけでなく、幅広い事業者が手掛けるネットワークの最適化を容易にする技術として展開するとしている。(インプレスウオッチ)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus