クラウドWatch

テレワークの内容・時間を可視化

 ■クロスキャット、NTTテクノクロスと提供

 クロスキャットは、NTTテクノクロスと共同で「テレワーク時の業務可視化ソリューション」の提供を6月1日に開始すると発表した。クロスキャットのクラウド型勤怠管理システム「CC-BizMate」のサブモジュールである工数管理システム「CC-BizMate Performance Finder」と、NTTテクノクロスが展開するタスク管理サービス「FlatTask」の連携により、テレワーク時における社員の作業内容やその作業にかかった時間を可視化する。

 利用者が「FlatTask」を使って作業内容を登録。管理者やメンバー間でタスクの進捗(しんちょく)状況を共有し、作業完了時に「かかった時間」「作業の区分」を入力すると、「CC-BizMate Performance Finder」に反映され、個人や組織ごとの生産性についてデータ分析ができる。これにより、管理者はテレワークを行っている社員の作業を把握して効率的に振り分けるなど、生産性向上に向けた対策を導入できる。

 価格(税別)は、「CC-BizMate Performance Finder」の初期導入費が25万円(500IDまでの場合)、利用料が50IDで月額5000円。ID追加費用は10IDごとに月額1000円。「FlatTask」の導入費、利用料は問い合わせが必要。

 クロスキャットでは新型コロナウイルスの影響からテレワークを導入する企業が急増する一方で、社員が「どのような作業を行って、どれくらいの時間を使っていたか」「もっと効率化できないか」といった生産性向上が課題になっていると説明。この課題を解決するために必須となる業務の可視化について、以前から協業するNTTテクノクロスとのソリューション連携を実現したとしている。(インプレスウオッチ)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus