IT

アーティストら支援…ライブ配信に最新技術 KDDIやLINE

 新型コロナウイルスの影響で音楽ライブが中止されてきたアーティストやイベント主催者を支援しようと、通信大手などがオンライン配信のサービスを相次いで打ち出している。KDDI(au)は、ライブ映像を拡張現実(AR)などのデジタル技術を駆使した躍動感のある仕立てで配信する事業を今月中にも始める。LINE(ライン)も今夏の開始を目指しており、支援が広がる。

 KDDIのライブ映像は、感染対策を施した専用スタジオで収録。動画配信サービス「SHOWROOM」(東京)のスマートフォン向けアプリや、チケット販売の「ぴあ」の動画視聴サービスを通じて映像を提供する。

 LINEはライブをリアルタイムの中継で配信する計画。視聴者がアーティストの会話に参加したり、応援アイテムを購入して送ったりできるようにして、一体感を演出する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus