クラウドWatch

チャット技術でテレワーク支援

 NTTコムウェア、モビルスと資本業務提携

 NTTコムウェアとモビルスは、資本業務提携したと発表した。モビルスがNTTコムウェアを対象とした第三者割当増資を実施し、NTTコムウェアはモビルス株の10%を保有する。

 資本業務提携によって、NTTグループの持つテクノロジーやビジネス資産と、モビルスの持つチャットシステムをはじめとした製品開発の技術力を連携し、コンタクトセンターの顧客サポート業務や社内コミュニケーションにおける課題を解決するソリューションの開発を加速。導入企業の支援強化などを図るとしている。

 モビルスは、チャットシステム「mobiAgent」への在宅オペレーションを支援する新機能を搭載するなど、コンタクトセンターにおけるテレワーク導入支援に取り組んできた。また、AI(人工知能)を活用したオペレーター支援機能や、AI電話自動応答システム「mobiVoice」の開発などを行っている。

 一方でNTTコムウェアは2014年から、法人向けメッセンジャー「シャナインTALK」にモビルスのチャットエンジンを採用してきた。それに加えてモビルスとともに、NTT西日本グループが提供するビジネスチャットサービス「ELGANA」の開発に参画してきた。(インプレスウオッチ)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus