メーカー

N-BOXが新車販売首位 上半期、コロナで台数減少

 令和2年上半期(1~6月)の車名別国内新車販売台数は、ホンダの軽自動車「N-BOX」が前年同期比22・7%減の10万1454台で首位となった。広い室内空間と安全機能が評価され、単月ベースでも7カ月連続のトップと高い人気を維持した。新型コロナウイルスの影響による営業自粛などで、全体の販売台数は低調だった。

 上半期の2位はスズキの「スペーシア」、3位はダイハツ工業の「タント」で軽が1~3位を占めた。販売台数はそれぞれ27・2%減、23・9%減だった。4位はトヨタ自動車の小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ライズ」で、コンパクトな車の人気が高い。

 昨年9月に新型車が投入されたトヨタの主力車種「カローラ」は、19・6%増の5位と堅調な売れ行きだった。今年2月にモデルチェンジしたホンダの小型車「フィット」も11・0%増と伸ばし7位だった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus