サービス

豪雨で九州の工場が操業停止 7日も経済活動に影響

 熊本県南部に続き九州北部を襲った豪雨により、7日も工場が操業停止を余儀なくされたほか、小売店舗では休業や商品配送の遅れなどの影響が相次いだ。

 三井金属鉱業は、福岡県大牟田市で産業廃棄物処理を行う子会社の三池製錬と、セラミック素材を手掛けるセラミックス事業部大牟田工場が操業を停止。大牟田市で農薬などを手掛ける三井化学は、電力供給が途絶えたため全プラントを停止しているという。

 デンカは大牟田工場とグループ会社の九州プラスチック工業(熊本県玉名市)が浸水のため6日夕から全プラントを停止中。8日から天候の回復状況を見て点検作業を始め、安全が確認できたものから順次再稼働する。

 トヨタ自動車は7日午前、福岡県内にある3工場の始業を遅らせた。設備に問題はみられなかったが従業員の安全確保を優先した。マツダも従業員の安全のため、広島県の本社工場と山口県防府市の工場について、7日午前中の操業を停止したという。

 キヤノンはデジタルカメラなどを製造する子会社の長崎キヤノン(長崎県波佐見町)について、豪雨による通勤時の安全を考慮して7日は休業とし、8月1日に就業日を振り替えた。TDKは8日朝まで、機能性フィルムを製造する三隈川工場(大分県日田市)の操業停止を決めた。

 食品メーカーではサッポロビールがビール類などを製造する九州日田工場(大分県日田市)で従業員の安全確保のため7日の操業を取りやめ、キユーピーもベビーフードや業務用マヨネーズなどを手掛ける鳥栖工場(佐賀県鳥栖市)で、従業員が安全に帰宅できるよう終業時間を繰り上げた。

 生活インフラにも影響が及んだ。コンビニエンスストアのセブン-イレブン・ジャパンやファミリーマート、ローソンは被災や避難指示発令に伴う休業店舗が拡大。3社ともに一部地域で店舗への商品配送に遅れが出ている状況だ。

 また、イオン小郡ショッピングセンター(福岡県小郡市)が営業を終日見合わせたほか、イオンモール大牟田(福岡県大牟田市)は営業時間を午前10時から午後5時に短縮した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus