メーカー

オンワードが24億円赤字 3~5月期、コロナ打撃

 アパレル大手のオンワードホールディングスが10日発表した令和2年3~5月期連結決算は、最終損益が24億円の赤字(前年同期は16億円の黒字)に転落した。新型コロナウイルス感染拡大による百貨店の休業などが打撃となった。売上高は34・9%減の422億円だった。

 国内アパレル事業の売り上げは45%減の約232億円と振るわなかった。新型コロナ関連の特別損失として、店舗休業中の人件費など24億円を計上したことも響いた。

 3年2月期の連結業績予想は、新型コロナの影響で算定が難しいとして開示しなかった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus