金融

アリババ傘下のアントが香港と上海でIPO 2000億ドル評価目標

 中国の電子商取引大手アリババグループ傘下の金融会社アント・フィナンシャルが、待望されていた新規株式公開(IPO)に踏み切る。香港と上海の「科創板(STAR)」市場に同時上場する計画だと、同社が発表した。

 アントは中国最大のモバイル決済サービス「アリペイ(支付宝)」の親会社。直近の資金調達ラウンドで同社の企業価値は1500億ドル(約16兆円)と評価され、数年ぶりの大型上場となる可能性がある。関係者は、IPOで少なくとも2000億ドルの評価額を目指していると語った。香港での調達額は100億ドル前後に上る可能性があるという。

 アントは融資や旅行サービス、食品宅配などを提供するオンラインモールへの進化を加速させ、テンセント(騰訊)と激しい競争を展開。胡暁明・最高経営責任者(CEO)は、アリペイを単なるニッチの金融サービス提供会社やアリババの決済サービス会社以上の存在として認知してもらいたい考えだ。

 アリババの当局提出文書を基に試算したところ、アントは昨年10~12月期(第4四半期)に20億ドルの利益を上げた。いわゆるハイテクサービス手数料を通じた国内の取引企業や金融会社からの収入を向こう5年間で全体の80%以上とし、昨年末の50%程度から引き上げることを目標としている。(ブルームバーグ Lulu Chen)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus