メーカー

ジェイテクト、製造業用受発注支援サイト参入 浜野製作所とマッチングで提携

 工作機械と軸受け大手のジェイテクトは、子会社を通じて、中小製造業向け受発注支援サイト運営事業に参入した。大手を中心とする製造業の海外移転、後継者難による廃業の急増など、町工場に代表される中小製造業の経営環境は厳しさを増している。サイトを通じて、企業系列の枠を超えた受注の確保を後押しする。

 参入にあたり、大手から中小まで約4800社もの取引先を持つ金属加工の浜野製作所(東京都墨田区)と提携。受発注のすり合わせ(マッチング)において、両社の知見を生かす。

 受発注支援サイトは、ジェイテクト子会社のファクトリーエージェント(東京都中央区)が運営する。部品加工を依頼したい企業は、まずサイトに加工してほしい部品の図面をアップロードする。その後、同社に登録されている中小の部品加工会社の中から複数社を発注した企業に提案する。

 発注側と受注側の双方で条件を詰めた後、加工を依頼する。終了後、発注した企業は加工代をファクトリーエージェントを通じて受注企業に支払う。別途、加工代の数%にあたる手数料がかかる。

 中小製造業向けの受発注支援サイトは既に複数存在しているが、そのほとんどはマッチングを図るのみ。そのため、受注側の企業の多くが「代金を踏み倒されるのでは」との不安を感じている。そのため、このサイトでは、加工代金の回収をファクトリーエージェントが代行。しかも同社が保証をつけることで、代金回収のリスクをなくした。

 ファクトリーエージェントの上出武史社長は「ビジネスを通じて、ものづくりに関わる人の役に立ちたい」と話している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus