遊技産業NOW

優しく、楽しい“王道時代劇パチンコ”「P遠山の金さん2」

 ■藤商事

 藤商事のグループ企業であるJFJが製造したパチンコ新機種「P遠山の金さん2 遠山桜と華の密偵」が8月上旬からパチンコホールに導入される。50代以上の時代劇ファンをターゲットに開発され、圧倒的支持率を誇るWキャストによる「優しさ」「わかりやすさ」「楽しさ」にこだわった“王道時代劇パチンコ”となっている。

 新解釈基準に対応し、確変ループタイプに遊タイムと100回超の時短を搭載する。

 演出モードは、横スクロールの「杉良太郎モード」(リーチ後の予告に注目)、縦スクロールの「松方弘樹モード」(タッチ演出発生で好機)、一発告知の「密偵モード」(確変中は脳トレタイプのクイズ)の3種類を用意した。

 大当たり確率は256.0分の1(高確率58.9分の1)、確変突入率55%、通常大当たり後の時短は100回または200回または300回。通常ゲーム760回転消化で遊タイムが発動し、時短971回に突入する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus