IT

テレワーク環境を一括整備 シャープ、中小企業向け

 シャープは、企業のテレワーク環境を整備するサービス「ココロオフィス」を8月3日に始めると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を機に自宅などで働くテレワークが普及してきたが、IT人材が不足する中小企業では導入が進んでいない場合もある。ビデオ会議やチャットなどのシステムと機器をまとめて提供し、働き方の改善に役立ててもらう。

 サービス開始時に2種類の機器を用意した。複数の社員がインターネットを通じてデータを共有する大容量のハードディスクを購入すれば、自宅のパソコンやスマートフォンからでも利用できる。最新の複合機は、遠隔地からファクスを送信できるようにもなるという。

 シャープは今後、ノートパソコンや電子黒板など、システムに対応する機器を拡充していく。想定価格は複合機とココロオフィスのセットで155万円、ストレージとのセットで100万円。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus