メーカー

トヨタ、6年ぶり世界首位 上半期、コロナ禍で販売2割減も

 トヨタ自動車は30日、今年上半期(1~6月)のグループ世界販売台数(ダイハツ工業と日野自動車を含む)が、前年同期比21.6%減の416万4487台だったと発表した。新型コロナウイルスの影響で大幅な落ち込みとなったが、独フォルクスワーゲン(VW)を上回り、上半期としては6年ぶりに世界首位となった。トヨタをはじめ各社の6月の販売は5月までと比べれば改善しており、コロナ禍から回復基調に転じつつある。

 VWの上半期は、27.4%減の389万3100台だった。日産自動車と三菱自動車、仏大手ルノーの3社連合は約345万4000台にとどまり3位。

 トヨタグループの6月単月の世界販売は、前年同月比16.9%減の76万5373台。単体では16.0%減の70万6555台まで戻した。単体実績では中国市場が新型車効果もあって3カ月連続で前年を上回ったほか、欧州でもフランスが6月に前年を超えるなど、世界的に需要が戻りつつあり、減少率は5月に続いて改善した。

 トヨタは世界販売について「想定を上回るペースで回復している」と強調。来年初めにかけて前年並みに戻るとの見通しを維持している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus