サービス

JR東、発足以来初の赤字転落 4~6月期1553億円 利用客激減

 JR東日本が30日発表した2020年4~6月期連結決算は、最終損益が1553億円の赤字(前年同期は915億円の黒字)に転落した。新型コロナウイルス感染拡大による鉄道利用客の激減が響いた。赤石(あかいし)良治常務は「(1987年の)JR発足初年度から黒字を続けてきた。第1四半期で赤字は初めてなので大変大きい」と述べた。

 営業損益も1783億円の赤字(1446億円の黒字)に転落。売上高は前年同期比55.2%減の3329億円だった。新型コロナによる減収影響は約3980億円に達した。

 前年同期はゴールデンウイークの10連休などで鉄道収入が伸び、売上高も最終利益も過去最高を更新していた。今年は政府が緊急事態宣言を発令し、鉄道だけでなく商業施設やホテル、不動産など幅広い事業が影響を受けた。

 今後も新型コロナによる乗客の減少は続くとみて、来春ダイヤでの終電繰り上げや初電の繰り下げを全路線で検討する。また通勤時間帯などに集中する鉄道利用の平準化に向けて、運賃の変動性やポイント還元も検討する方針。厳しい経営状況を受けて5月からの役員報酬返上を10月まで延長。会長、社長、副社長については20%、その他役員については10%削減する。これら人件費削減のほか広告宣伝費抑制などで1000億円のコスト削減を進める。採用停止などは「安全性などを考えると鉄道業にはふさわしくない」(赤石氏)として行わない方向だ。

 21年3月期の業績予想は、新型コロナの影響で収入動向が不透明なため未定としたが、赤石氏は「7月の4連休も需要が延びていない。お盆も厳しい。8月の利用状況を見た上で速やかに発表したい」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus