メーカー

トヨタ74%減益も黒字確保 新型コロナで世界販売3割減

 トヨタ自動車が6日発表した2020年4~6月期連結決算は、最終利益が前年同期比74.3%減の1588億円だった。新型コロナウイルスの影響で世界販売台数が3割以上減少し、大幅減益となったものの、早期の生産再開に加えてオンラインも活用し販売を拡充した中国事業が収益を下支えした。日産自動車やホンダが赤字転落する中、トヨタは原価改善や経費低減などで底力を示した。

 グループの世界販売台数は31.8%減の184万8000台、売上高は40.4%減の4兆6007億円。4~6月期の減収、減益はいずれも4年ぶり。本業のもうけを示す営業利益は98.1%減の139億円だった。

 一方、21年3月期のグループの世界販売見通しは上方修正。従来の890万台から910万台とした。4割減とみていた4~6月期の販売台数が、約3割減に収まったことを反映した。

 未公表だった21年3月期の最終利益予想は前期比64.1%減の7300億円とした。

 新型コロナ感染再拡大の恐れなど不透明さも加味し、営業利益予想は、5月に公表した79.2%減の5000億円を据え置いた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus