サービス

豊田通商、トヨタ本社工場で電力需給調整実証実験へ

 豊田通商は11日、トヨタ自動車の本社工場(愛知県豊田市)で、電動車の蓄電池を活用した電力の需給を調整する実証実験を始めると発表した。夜間など価格が安い時にためた電力を、生産ラインの稼働時に供給することなどで、効率の良い工場内電力調整を図る。

 豊通が出資する米ヌービー社の制御システムを、トヨタのエネルギーマネジメントシステムに接続し、実際の工場での電力調整や周波数制御などで、実用可能かを検証する。トヨタのプラグインハイブリッド車「プリウスPHV」20台を使って充放電を一括で管理する。11月から12月に実験する予定だ。

 点在する太陽光発電の電力などを、ネットワークで接続し、蓄電池にためておくことで、あたかも1つの発電所のように機能させる「仮想発電所」を想定した実験で、豊通としてヌーピー社の電動車に対応した制御システムの拡販を図る。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus