サービス

グルメ杵屋は赤字27億円 コロナで営業自粛響く

 うどん店「杵屋」やそば店「そじ坊」などを展開するグルメ杵屋が11日発表した令和2年4~6月期連結決算は最終損益が27億円の赤字(前年同期は4900万円の黒字)に転落した。新型コロナウイルス感染拡大による店舗の休業や営業時間短縮が響いた。営業自粛中に発生した人件費や家賃などで9億円の特別損失を計上した。

 本業のもうけを示す営業損益も17億円の赤字(前年同期は1億円の黒字)で、売上高は前年同期比65・0%減の34億円だった。3年3月期の業績予想は合理的な算定が困難だとして引き続き未定とした。

 グルメ杵屋の既存店売上高は4月が61・4%減、5月は56・5%減。6月も32・5%減と苦戦している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus