サービス

静岡、JR東海の計算を疑問視 リニアトンネル工事で

 静岡県は13日、リニア中央新幹線建設工事による大井川の流量減少対策などを話し合う有識者会議を設置した国土交通省に対し、JR東海が議論の前提に使っている流量計算方法に問題があるとして、今後の会議でこの方法に基づいた議論をしないよう求める文書を提出した。

 文書では、トンネル掘削に伴う湧水量や川の流量の推定でJR東海が用いた計算方法は、精度に限界があると主張。にもかかわらず同社が「精度が高い」と言い続けているとして、国交省に対し「納得できる説明をするよう指導してほしい」と訴えた。

 また、環境省にも同日付で、JR東海の計算結果に対する見解を問う内容の文書を提出した。

 県はトンネル掘削で大井川の流量が減少し、茶生産をはじめ農業や工業に影響を与えるとして静岡工区の工事に反対。令和9年開業が難しくなっている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus