訃報

益子修氏が死去 前三菱自動車会長

 三菱自動車の益子修(ますこ・おさむ)前会長が8月27日、心不全のため死去した。71歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行った。故人の遺志で会社主催のお別れの会は開かない予定。15年半にわたり経営トップを務めてきたが、8月7日に健康上の理由で会長職と取締役を退任したばかりだった。

 1972年に三菱商事に入社。三菱グループによる支援の一環として三菱自に送り込まれ、2005年1月に社長に就任。リコール(回収・無償修理)隠し問題で悪化した業績の立て直しに尽力した。09年に発売した世界初の量産電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」の開発などを主導し、海外の主力拠点となった東南アジアでの販売拡大にも注力した。

 14年に会長となったが、16年に燃費不正問題が発覚すると日産自動車の出資を受け入れて経営危機を乗り切り、社長に復帰した。18年に会長に再度就任した。日産とフランス大手ルノーとの3社連合では両社と良好な関係を築き、中心的な役割を担った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus