メーカー

ダイハツが「トール」を一部改良して発売 安全性を向上

 ダイハツ工業は15日、小型ワゴン車「トール」を一部改良して発売した。前方を走るバイクや自転車、夜間の歩行者を検知して衝突を避ける「自動ブレーキ」を全てのグレードで標準装備した。軽自動車「タフト」で採用した新型カメラを搭載し、安全性を高めた。高速道路で前方の自動車と車間距離を保ちながら運転するのを支援する機能や、駐車の際に使う電動パーキングブレーキを搭載するグレードも用意。シートの形状を改良して座り心地を向上させ、外装はフロントを迫力のあるデザインにした。希望小売価格は155万6500円から。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus