メーカー

切手着服、告訴見送り 日本郵便「証拠集まらず」

 日本郵便は18日、大量の切手を着服し、金券ショップで換金した芝郵便局(東京都港区)の元幹部職員について、警視庁への刑事告訴を見送ったことを明らかにした。換金額は1億円を超えるとみられるが「告訴に足りる客観的な証拠が集まらなかった」と説明している。

 日本郵便の内部調査に対し、元幹部職員は約390万円の換金を認めたが、それ以上の着服は否定している。「現金は使っていない。慈善団体にでも寄付するつもりだった」と話したという。平成30年度に懲戒解雇した。

 元幹部職員は「料金別納」制度の支払いに使われた切手を着服した。料金別納は企業などが大量に郵便物を送る際に利用され、封筒やはがきに直接切手を貼らずに料金相当額を切手などで支払う。切手を受け取った郵便局は消印を押して細断処分する決まりだが、元幹部職員は消印を押さずに持ち出したとみられる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus