サービス

ディズニーランド新エリア28日開業 美女と野獣の新施設誕生

 オリエンタルランドは17日、東京ディズニーランド(TDL、千葉県浦安市)で進めてきた大規模開発エリアの各施設について、28日に開業すると発表した。オリエンタルランドは新型コロナウイルス感染拡大防止のための臨時休園で、開業を延期していた。TDLはコロナ対策で人数制限をかけており、新エリアでも同様の対応を行う。オープンが決まった新エリアはTDL開業以来の大規模開発で、総開発面積約4万7000平方メートルの中に大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」などの新施設が誕生する。利用希望者が殺到することが予想される新エリアのアトラクションは、入園後に抽選申し込みに応募する必要がある「エントリー方式」を新たに採用。新エリア内の屋内型シアター1施設については同時開業を見送る。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus