サービス

宅配便、5年連続で最多 ネット通販や個人間売買増で

 国土交通省が18日発表した令和元年度の宅配便取り扱い実績によると、運送個数は前年度比1・0%増の43億2349万個で、5年連続で過去最多を更新した。インターネットによる通販や個人間売買の増加が影響したとみられる。

 トラック運送の事業者別内訳は、ヤマト運輸(宅急便)が17億9992万個でトップ。佐川急便(飛脚宅配便)が12億5773万個、日本郵便(ゆうパック)が9億7446万個と続き、上位3社で94・0%を占めた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus