サービス

コード決済の不正防止指針 キャッシュレス協議会

 産学官でつくる「キャッシュレス推進協議会」は18日、バーコードやQRコードを用いた「コード決済」について、不正利用を防ぐための事業者向けの指針を発表した。決済サービスと銀行口座をひも付ける際の注意点などを盛り込んだ。

 コード決済は、店舗でスマートフォンの画面に表示されるバーコードを読み取ってもらったり、店のQRコードを読み込んだりして利用。口座とひも付けることでチャージ(入金)や決済を行う。指針では「一つの口座は一つのアカウントにしかひも付けられないとすることが望ましい」と指摘。チャージや決済の金額を制限することなども重要だとしている。

 キャッシュレス決済は利便性の高さから普及が期待されている一方、最近は第三者に預金を引き出される被害が相次いで発覚している。協議会は経済産業省と連携して指針をまとめた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus