話題・その他

住友商事、英国で3件目の洋上風力発電に参画

 住友商事は29日、英国・北海での洋上風力発電プロジェクトに参画すると発表した。同社としては英国では3件目の洋上風力となり、2030年の完工を目指す。

 新プロジェクトの発電容量が35万キロワットで、このうち住商の権益は4万4千キロワットとなる。環境アセスメントなどの初期開発から始めるが、同社が参画する稼働洋上風力の隣接海域で、風況データなどがそろっているため、早期の稼働が可能になるとみている。

 住商は現在、ベルギーで3件、英国で2件の稼働中の洋上風力発電プロジェクトに参画し、発電容量持ち分は25万3千キロワット。これに今回のプロジェクトやフランスでの開発中のプロジェクトなどが加わる予定で、洋上風力発電事業の強化を図っている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus