メーカー

8月の工作機械受注23%減

 日本工作機械工業会が30日発表した国内工作機械メーカーの8月の受注総額(確報値)は、前年同月比23.2%減の679億円だった。23カ月(1年11カ月)連続で前年を下回った。新型コロナウイルス感染症や海外メーカーの夏季休暇の影響を受けた。内訳は、内需が38.5%減の230億円だった。半導体関連以外の設備投資の動きが鈍く、国内需要は依然として低調に推移した。外需は11.8%減の449億円で、メキシコで自動車関連の大型受注があったものの、欧州を中心に夏季休暇の影響が響いた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus