企業リリース

ミツカングループ×京都市 食品ロス削減取り組み第一弾 ご家庭の「もったいない」を鍋で解決!

@Press

 ミツカングループ(愛知県半田市、以下 ミツカン)は、京都市と連携した食品ロス削減に資する取り組みの第一弾として、おいしく食品ロスを減らせる鍋メニュー「もったい鍋」12種類を共同開発いたしました。

 今回開発したメニューのテーマは「野菜丸ごと使い切り鍋」「余った野菜の使い切り鍋」「余ったご飯や麺を有効活用」。余らせがち、眠らせがちな食材や普段捨ててしまう部位を活用する、おいしくて簡単な「もったい鍋」レシピで、家庭での食品ロス削減を推進します。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/228430/LL_img_228430_1.jpg

 もったい鍋

 画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/228430/LL_img_228430_2.jpg

 日本の食品ロス量

 画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/228430/LL_img_228430_3.jpg

 メニュー例

 ~「もったい鍋」開発担当者の声~

 <株式会社Mizkan メニュー企画課 一柳 圭>

 従来のメニュー開発から発想を転換し、ご家庭にある食材をどう使い切るかという視点でレシピを考えました。

 おいしい鍋を楽しみながら自然と食品ロスも減らせるように、食べてみたい、作ってみたいと思っていただけるよう工夫をしましたので、ぜひお試しください!

 画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/228430/LL_img_228430_4.jpg

 株式会社Mizkan メニュー企画課 一柳 圭

 <京都市環境政策局 ごみ減量推進課 小野 利恵>

 京都市ではごみの削減、食品ロス削減に力を入れており、ミツカンとの協定や共同取り組みを通してさらに推進したいと思っています。

 今回の「もったい鍋」を京都市民のご家庭で実践していただき、より一層「もったいない」精神を大切にしていただければと思います。

 画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/228430/LL_img_228430_5.jpg

 京都市環境政策局 ごみ減量推進課 小野 利恵

 本取り組みの一環として、10月1日(木)から、お気に入りの鍋メニューに投票すると抽選でミツカン商品が当たる「もったい鍋!人気投票キャンペーン」を開始します。また、京都市内のスーパーマーケットを中心に、レシピ紹介冊子「もったい鍋!ガイドブック」を配布します。

 ミツカンは、サステナブルな都市を目指す京都市と連携することで、循環型社会の実現と、「ミツカン未来ビジョン宣言」で掲げている「人と社会と地球の健康」「新しいおいしさで変えていく社会」の実現に取り組んでまいります。

 ■「もったい鍋!人気投票キャンペーン」概要

 <期間>

 2020年10月1日(木)~10月31日(土)

 最終日は、キャンペーンサイトでの応募は23:59まで受付、はがきでの応募は当日消印有効です。

 <応募方法>

 以下のいずれかの方法でご応募ください。

 (1)キャンペーンサイト( https://www.ichance.jp/cp/mottainabecp-2020/ )

 (2)京都市内のスーパーマーケットを中心に設置された専用応募はがき、または郵便はがき

 ※応募規約はキャンペーンサイト、または専用応募はがきでご確認ください

 <プレゼント内容および当選発表>

 ミツカン商品詰め合わせを50名様にプレゼントいたします。(詰め合わせ内容:味ぽん(R)、〆まで美味しい(TM) 地鶏塩ちゃんこ鍋つゆ ストレート、〆まで美味しい とんこつしょうゆ鍋つゆ ストレート、こなべっち(R) ごま豆乳鍋つゆ、こなべっち 焼あごだし鍋つゆ)

 厳正なる抽選の上、商品の発送をもって当選発表とさせていただきます。

 ■京都市との共同取り組み概要

 ミツカンは、食品ロス削減に関する先進的な施策を行っている京都市と、2020年8月3日に「食品ロス削減に資する取組の連携に関する協定」を締結しました。「京都の野菜を無駄なくおいしく食べ尽くす」をコンセプトにした複数の共同取り組みを予定しており、「もったい鍋」はその第一弾です。

 URL: https://www.mizkanholdings.com/ja/vision/environment/kyoto/

 世界で生産された食料の約3分の1は廃棄されていると言われ※1、食品ロスの削減は重要な社会課題です。日本の食品ロスは年間約612万トンで、その半分近くは家庭で発生しています※2。「もったい鍋」は、家庭で発生する食品ロスである、中途半端に残った野菜や少しだけ余ったご飯、下ごしらえで取り除かれる葉や芯などに注目し、これらをおいしく生まれ変わらせました。冷蔵庫の食材を無駄にすることなく最後まで食べ尽くすことができる、地球にもやさしいメニューです。

 ※1 国連食糧農業機関(FAO)「世界の食料ロスと食料廃棄(2011年)」

 ※2 農林水産省公表値(令和2年4月14日)

 ■ミツカン未来ビジョン宣言

 ミツカンは、企業理念の「2つの原点」である「買う身になって まごころこめて よい品を」「脚下照顧に基づく現状否認の実行」のもと、創業から210余年の長きにわたり「変革と挑戦」を続けてまいりましたが、10年先の未来へ向けて、「ミツカン未来ビジョン宣言」を2018年11月に策定いたしました。「人と社会と地球の健康」「新しいおいしさで変えていく社会」「未来を支えるガバナンス」の3つのビジョンを掲げています。

 URL: https://www.mizkanholdings.com/ja/vision.html

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus