メーカー

天気予報 AI×データで高精度予測 売れ筋、ダム水量に活用も

 天気予報へのビッグデータや人工知能(AI)の活用が進んでいる。予報の精度を向上させるため、全国の会員から集めた膨大な報告をAIで分析。天候に左右されやすい商品の売れ筋や、ダムに流入する水量も予測する。ゲリラ豪雨や大型台風の被害が相次ぐ中、「ウェザーテック」と呼ばれる技術が、さまざまな業界で利用されている。

 「曇ってきました。風も出てきました」。8月12日正午すぎ、埼玉県所沢市周辺から、真っ黒い雲の写真とともに現地の天気を知らせる投稿が相次いだ。約30分後、ゲリラ豪雨の注意報が出され、午後1時すぎに豪雨となった。

 気象情報会社「ウェザーニューズ」(千葉市)には、全国の会員からスマートフォンで毎日約18万通の報告が集まってくる。一人一人がセンサーとなって実際の天気をリアルタイムで把握。雲の写真をAIで分析し、予測が難しいゲリラ豪雨の予報に使っている。

 過去3年間の天気予報や降水分布図をAIに解析させ、高精度の雨雲レーダーも開発した。これまでは5キロ四方で3時間先までの予測だったが、250メートル四方で15時間先まで可能になった。担当者は「会員のデータとAIの組み合わせで90%以上の正答確率で予報ができる」と説明する。

 一方、日本気象協会(東京)は天気予報から売れ筋商品をAIで予測するサービスを提供する。

 「今日の『超売れどき』はカツオのたたきです。揚げ物は不調です」。9月下旬、愛知県稲沢市のスーパー「ヨシヅヤ」。タブレット端末を手にした店長が朝礼で、従業員に販売方針を伝えた。台風の進路が予想よりそれて、気温が31度まで上昇する予報になった。

 システムは天気予報に加え、販売データや会員制交流サイト(SNS)の投稿内容も分析。600以上の商品の販売傾向を12週間先まで予測する。浜田斉店長は「データがあると説得力が増す。食品ロスも減った」と話す。

 また大雨が予想される時にはダムが満杯になる時間も提示する。ダムには決まった貯水量があり、事前放流する必要があるためだ。気象データなどから5キロ四方で1時間ごとの雨量を最長15日先まで高精度で予測し、満杯になる前に放流する水量も示す。千葉県の亀山・片倉ダムや高滝ダムが導入した。

 気象協会の担当者は「想定外の気象災害が頻発している。正確な予報データを使えば、災害リスクを避けられ、無駄な在庫も減らせる」と話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus