メーカー

ファストリが最終益82%増見通し 21年8月期、コロナ収束想定

 カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは15日、2021年8月期連結業績予想を公表し、売上高に当たる売上収益が前期比9.5%増の2兆2000億円、最終利益は82.6%増の1650億円と見込んだ。新型コロナウイルス感染症の影響が21年3月以降は収束していくことを想定し、最終利益予想は19年8月期実績とほぼ同水準となる。

 20年8月期連結業績は売上収益が12.3%減の2兆88億円、最終利益は44.4%減の903億円だった。新型コロナ感染拡大による国内外の店舗の臨時休業や外出自粛による客数減少が響いた。

 国内のユニクロ事業は、3月下旬から5月上旬に最大311店舗が臨時休業した。その後は6月19日に発売した布製マスク「エアリズムマスク」などが人気を集め、売上高が回復した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus