金融

“BTS効果”で1兆円上場 所属事務所の時価総額、株価急騰受け膨張

 韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」が所属するビッグヒットエンターテインメントが15日、ソウルの韓国取引所に上場し、株価の大幅上昇を受け時価総額が11兆ウォン(約1兆円)に膨らんだ。

 新規株式公開(IPO)価格の13万5000ウォンに対し、初値は27万ウォン。その後は、この初値比30%高の値幅制限上限に達した。

 BTSは世界的なK-POPブームを牽引(けんいん)。ビッグヒットの時価総額は他の主要K-POPグループ所属事務所3社の時価総額合計額を上回った。ビッグヒットが実施した8億2000万ドル(約863億円)規模のIPOは韓国ではここ3年で最大だった。

 ビッグヒット株の上昇を受け、同社創業者パン・シヒョク氏の資産は38億ドルに増え、同氏は韓国有数の富豪となった。パン氏はBTSのメンバー7人と株式を分け合い、8月にメンバー1人につき6万8385株を付与している。

 ビッグヒットは社員と幹部にも株式オプションを付与しているが、同社の担当者は付与された株式数やオプション数などを明らかにしなかった。(ブルームバーグ Sohee Kim)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus