IT

京セラが物のつかみ方を学ぶロボットのシステム開発 事前プログラム不要

 京セラは、人工知能(AI)の活用によりロボットが動き方や物のつかみ方を自動で学び、調整するシステムを開発した。

 ロボットを使った現場ではアームがつかむ対象に応じた事前のプログラミング作業が必要だが、こうした作業が不要になる。

 2021年に他社へ提供を始め、25年に売上高300億円を目指す。

 プログラミング作業が手間となる、多品種を少量生産する工場への導入を想定。市場規模の拡大が期待され、人と一緒に作業する「協働ロボット」での利用を見込んでいる。

 生産現場の効率化を図り、新型コロナウイルス感染拡大で需要が増す工場の省人化につなげる。

 システムの提供では、アップデートや保守サービスに応じて課金する事業モデルを検討している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus