話題・その他

間伐材由来の「木糸」マスクに抗菌性 訪日客減にもめげない中小企業の発想力 (2/2ページ)

訪日客減にもめげない

 新型コロナの影響で、海外からの訪日客が激減し、大きなダメージを受けた中小企業も多い。大阪・ミナミの道具屋筋商店街で食品サンプルの店舗を営むデザインポケット(大阪市中央区)もその一つ。佐々野忠行専務は、コロナ前に年間1万人が訪れた製作体験の予約が、「すべてキャンセルになった」と肩を落とす。そんな中、厳しい現状を打開しようと、8月から発売を始めたのが巣ごもり消費を想定した、家庭で楽しめる「食品サンプル工作キット」シリーズだ。大阪はたこ焼き、東京はすし…、毎月都道府県別に商品化して、新たな収益源にしようとしている。

 関西経済連合会と大阪商工会議所の8~9月の景気動向調査によると、企業が「景気が良い」と感じている企業の割合から、「景気が悪い」と感じている企業の割合を引いた指数で、前期に比べて大企業がプラスに転じた一方、中小企業は2桁のマイナスとなった。中小企業に新型コロナの影響が長引いていることを物語っている。

 しかし、そんな中でもニッチな需要を見つけて、反転攻勢の機会をうかがう企業も多い。公益財団法人「大阪産業局」で中小企業やベンチャー企業の支援を担当する徳中絵美さんは「大阪の中小企業はスピーディーに新たな事業を展開するのが強み。オンリーワン(唯一無二)の技術やアイデアを持つ宝庫」と分析している。新しい生活様式に合った製品が今後も続く可能性は大きい。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus