メーカー

NEC再雇用支援、定年社員派遣会社

 NECが、グループ会社や顧客企業に向けて、ITなどの専門知識を持つ社内のシニア人材の派遣を始めることが分かった。定年を迎えると給与を減らして再雇用されるのが通例だが、専門知識の活用を目指して他社への好条件での就業機会を提供する。当初は年間数十人の派遣を目指し、順次拡大する。

 NECは、10月に新会社「NECライフキャリア」を設立。60歳で定年を迎える社員のスキルを把握した上で、給与や待遇などの条件面を雇用先と調整する。スキルが認められれば、現役並みの給与も期待できる。

 本社の人事部が担っていた再就職の支援を外部の新会社に委ねることで専門性を高め、適切な人材活用ができると判断した。労働人口の高齢化を見据え、人材の受け皿を広く確保する狙いもある。新会社では、定年を迎える社員の人材派遣のほか、現役社員のキャリア形成を支援するため、研修や学び直しの機会も提供する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus