話題・その他

仙台市が楽天と連携協定締結 官民で地域振興へ

 仙台市と楽天、楽天野球団は20日、ITやスポーツを通じた地域振興策の実施に向けた包括連携協定を締結した。楽天が保有するビッグデータを活用し、市の観光振興や楽天の試合を通じたイベント開催などの取り組みを進める。

 協定では、楽天が保有する観光地の人出などのビッグデータを市の観光振興策に反映させるほか、楽天が親会社を務める台湾プロ野球「楽天モンキーズ」を通じた台湾との交流も図るという。

 また、球団の本拠地「楽天生命パーク宮城」での発電設備の設置や、仙台市が主催するスポーツ・防災に関するイベントなどにも共同で取り組む。

 協定の締結式に臨んだ郡和子市長は「楽天のテクノロジーを活用し、魅力ある“杜の都”にしていきたい」と話し、立花陽三球団社長は「楽天のテクノロジーを通じて、スタジアムでの新しいエンターテインメントを作り出したい」と語った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus