サービス

走る真っ赤な「チン電」 阪堺と筑鉄がコラボ、コロナ後の誘客狙う (1/2ページ)

 大阪の街を真っ赤な、いつもとは違う表情の路面電車が駆け抜ける-。この秋、阪堺電気軌道(阪堺、大阪市)と、北九州市などを走る筑豊電気鉄道(筑鉄、福岡県中間市)が車両カラーを交換するコラボ企画を始める。利用者が減り苦境にあえぐ路面電車と地方鉄道。新型コロナウイルスの影響もあり、さらに厳しい運営を迫られる中、地域の足を支えるもの同士、タッグを組んで知名度と利用客アップを狙う。(小川恵理子)

 誘客の起爆剤に

 今月末から、大阪市と堺市を結ぶ阪堺電車の路線に、現役車両としては国内最古となる阪堺の「モ161形車両」に、筑鉄の「赤電(あかでん)」と呼ばれ親しまれた車両の赤色を塗装した路面電車がお目見えする。

 「アフターコロナを見据えて、少しでもお互いのファンを増やしたい」

 9月に開かれた車両お披露目式で、阪堺の細井康史社長は声を張り上げた。コラボ企画は阪堺側が今年はじめに提案。両沿線にはそれぞれ「百舌鳥(もず)・古市古墳群」と「明治日本の産業革命遺産」を構成する世界遺産があるという共通点もあり、お互い沿線でPR活動しやすいと考えている。

 赤電カラーの車両は10月から3年間、堺市内などを走り、期間中には北九州の名産品を食べられる貸し切り電車も走らせる。来年度は阪堺カラーの筑鉄車両が北九州市内などを運行する予定だ。阪堺の担当者は「大阪-北九州間は直通フェリーもあってアクセスもしやすい。交通手段としてだけでなく、乗ることも目的にそれぞれの地に訪れてもらえれば」とコロナ後の誘客をしたたかに狙う。

 知名度向上起爆剤に

 筑鉄もコラボ企画を知名度向上の起爆剤にしたい考えだ。落ち着いた赤色と中央の黄色いラインが印象的な赤電はもともと、筑鉄の親会社・西日本鉄道(福岡市)が平成12年まで北九州市内などで運行していた路面電車の愛称。廃線後に一部路線を引き継いだ筑鉄の車両として、18年まで活躍した。

 路面電車廃線から20年という節目の今年、筑鉄の路線で赤電カラーを復活させたが、担当者は「当時の車両と新たにカラーリングを施した筑鉄では形状が異なり、忠実には再現できなかった」と心残りを明かす。

 そのタイミングで進んだ阪堺側との企画。阪堺の車両に塗装された姿を見た担当者は「かつて北九州を走っていた車両に形が似ていて、離れた大阪で赤電が復活したと鉄道ファンも喜んでくれるだろう」と手応えを感じている。

 地域の誇りとして

 全国の路面電車や地方鉄道は利用者の減少などで苦境に立たされている。

 阪堺でも、30年度の1日平均乗降客数が2万2465人だったのが、令和元年度には2万2050人に減った。さらに今年9月、これまで堺市から10年間にわたって受けてきた総額50億円の財政支援が終了。路線存続に向けて正念場を迎えており、10月からは運賃も値上げしている。

 筑鉄も昨年度の利用者が平成元年度の約3割の400万人にとどまり、売り上げも8億円と同年度比の約5割と歯止めがかからない。そのうえコロナ禍の影響を最も強く受けた今年4月は利用者数は前年比5割減にまで落ち込んだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus