メーカー

ENEOS、知多製造所生産停止 来年10月めど…出光へ一部譲渡協議

 石油元売り最大手のENEOS(エネオス)ホールディングス(HD)の事業会社ENEOSは27日、石油化学製品などを手掛ける知多製造所(愛知県知多市)について、令和3年10月をめどに生産を停止すると発表した。市況低迷を背景に赤字に陥っていた。製造設備の一部は出光興産への譲渡に向け協議する。

 知多製造所は昭和48年に製油所として操業を開始。平成13年に原油処理設備を休止し、現在はポリエステル繊維やペットボトルの原料パラキシレンを年間40万トン生産する能力を持つ。

 東京都内で記者会見したエネオスの岩瀬淳一副社長は「パラキシレンの市況低迷により知多製造所が構造的に赤字の状態にあると判断し、このタイミングでの決定となった」と説明。新型コロナウイルス禍による需要低迷も後押しした。

 知多製造所の社員数は現在181人。岩瀬氏は「全て雇用維持したい」とし、他拠点への配置転換などで対応する考えを示した。跡地管理などがあるため、当面は事業所として残す。

 エネオスはこれまでに室蘭製造所(北海道室蘭市)の生産を停止し物流拠点に転換したほか、大阪製油所(大阪府高石市)の石油精製機能を停止するなどしてきた。現在は国内で製油所を10カ所、製造所を知多も含めて2カ所持つ。岩瀬氏は「体制の再構築は継続的に検討していく。今後の環境変化に従って新たな判断もあると思う」とした。

 知多市で会見した大田勝幸社長もグループの事業再編について「今後も需要が減っていく中で、今回が最後ではない」と語った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus