金融

三井住友、三重2行と連携 ネットで取引先引き合わせ

 三井住友銀行と三重銀行(三重県四日市市)、第三銀行(同県松阪市)が、企業同士を引き合わせる「ビジネスマッチング」で連携することが27日、分かった。専用のインターネットサイトを通じ、各行の取引先間で提携相手を探せるようにする。

 地域の中小企業と都市部の大企業を結びつけ、販路拡大や新規事業の創出につなげる。

 三井住友銀が昨年からNECと共同で運営する紹介サイト「ビズクリエイト」に三重銀、第三銀が加わる。同サイトへの他行の参加は初めて。連携する地方銀行を増やし、幅広い地域の企業がネット上でつながるサービスに育てる構想だ。

 サイトは3行いずれかに取引口座を持つ企業が無料で使える。提携したい相手の特徴など要望を書き込んだり、閲覧して商談を申し込んだりする仕組み。既に約6000社が登録し、月約800件の商談が行われている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus