IT

ソフトバンク、MNPの手数料を全面撤廃

 ソフトバンクが、顧客が電話番号を変えずに別の携帯会社に乗り換える「番号ポータビリティー(持ち運び)」制度を利用する際に徴収している手数料について、全面的に撤廃して無料にする方向で検討していることが分かった。総務省は店頭や電話の手続きの場合は1000円を上限に引き続き徴収を認める方針だが、ソフトバンクは独自の判断で撤廃を検討する。

 現在、携帯各社は一律3000円(税別)の手数料を課しており、これが利用者の乗り換えを妨げてきた一因と指摘されてきた。総務省は年内にも関連指針を改定し、インターネットでの手続きの場合は無料、店頭や電話の場合は上限1000円とすることを決めていた。

 番号持ち運び制度は2006年に導入された。現行では、乗り換える場合は契約中の携帯会社に手数料を払って申し込み、発行された「予約番号」を乗り換え先の携帯会社に示して手続きすることになっている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus