メーカー

在宅勤務対応の家、メーカー販売強化 専用の小部屋やリビングに仕切り

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて大手住宅メーカーなどが在宅勤務対応の住宅販売を強化している。以前より家にいる時間が長くなり生活スタイルが変化する中、「理想の家で快適に仕事をしたい」という声に応えようと、各社ともPRに力を入れる。

 大和ハウス工業は一戸建て住宅のオプションとして在宅勤務用の小部屋を提案している。集中して仕事をしたい人向けに防音機能を高めたクローズドタイプと、室内窓を設けてリビングにいる子どもらの様子を確認しながら仕事ができるセミクローズドタイプの2種類を用意した。小部屋のオプション料金は44万円から。

 在宅勤務の場所としてリビングを使用している人が多いことに着目したのは積水ハウス。同社の調査によると、リビングを仕事場所にしている人は半数以上に上った。一戸建て住宅の新モデル「ファミリースイート おうちプレミアム」は、大空間リビングの一角を仕切ることで仕事スペースを確保することを提案した。約3.3平方メートル当たり約76万円から。

 東急不動産は大阪市内に単身者や共働き世帯向け分譲マンションを発売した。寝室をコンパクト化してできた空間を在宅勤務スペースとして活用できるようにした。東急不動産の担当者は「快適に在宅勤務ができる仕組みを取り入れることで新たなライフスタイルを提案したい」と話している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus